ラミクタールはてんかんの発作を防ぐ薬として有名です。突然起こるてんかんの発作で周囲の人もあたふた…ということも少なくないと思います。発作の予防に効果的なラミクタールについて当サイトで詳しくなっておきましょう。

ラミクタールの画像

ラミクタールの正しい使い方

ラミクタールはてんかんの予防薬やうつ病、双極性障害の治療薬として広く利用されています。最近はラミクタールのジェネリック医薬品も登場しており、ますます利用しやすくなりました。またインターネット上でも簡単に購入することができますので、病院へ行かなくても気軽に手に入れることができます。ただしラミクタールは正しい服用方法を守らなければ、思わぬ事態が発生することもあります。もちろん安全性は確認されている薬なのですが、どの薬でも副作用はあり、服用方法を間違えれば身体に大きな悪影響をもたらしてしまうのです。特にインターネットを利用して個人的に薬を購入している場合は、きちんと取扱説明書を読んだ上で正しい方法で服用することを心がけましょう。ラミクタールの使い方は、かかっている病気の種類によって異なります。てんかん発作の予防のために抗てんかん薬と併用して服用する場合は、最初の2週間は隔日で1日25mgを1回、次の2週間では1日25mgを1回もしくは2回に分けて服用します。それ以降は1日25mgから50mgを1回もしくは2回に分けて服用します。1日の服用量は最大でも200mgまでです。双極性障害に用いる場合は、最初の2週間は1日25mgを1回、次の2週間は1日50mgを1回もしくは2回に分けて服用します。5週目からは1日100mgを1回もしくは2回に分けて服用しますが、症状によっては薬の量を増量してもかまいません。ただし増量する場合でも1日の最大使用量は400mgまでです。なおラミクタールは肝機能障害のある人や脳の機能障害、統合失調症の素因がある人は使用に注意が必要です。高齢者も使用することができません。自分で購入する場合でも、まずはじめは医師の診断を仰いでおくことが重要です。

ラミクタールを使用する上で注意すべきこと

ラミクタールはてんかんや双極性障害の治療に広く用いられている薬です。非常に薬効も高いので多くの人が利用している薬ですが、薬には副作用があるので、自己判断で安易に使用することは避けなければいけません。最近はネット上で簡単に薬を購入することもできますが、身体に思わぬ影響がでる事態にならないためにも、まずは医師の診断を受けたうえで、薬を正しく服用することが重要です。まずラミクタールは妊婦や授乳中の人、高齢者は避けたほうがいい薬とされています。授乳中の人が服用する場合は、服用期間中は授乳をしてはいけません。また肝機能にも影響がでるため、肝臓に何らかの病気を患っている人もラミクタールを服用することはできません。またラミクタールには副作用も存在します。強い眠気や頭痛、吐き気、めまい、発疹、胃腸障害などが報告されています。小児でも服用できるほど安全性は確保されている薬ですが、それでもこのような副作用は出ることがありますのでくれぐれも注意しておきましょう。特に小児の場合は副作用がでることが多いとされ、もし副作用がでた場合も自分では上手く伝えられないこともありますので、周囲の大人が目を配ってやり、おかしなところはないかと常に見ていてあげることが必要です。もし上記に挙げたような副作用を疑える症状がでた場合は、ただちに服用を中止して医師の診断を仰ぎましょう。なお一定の安全性が担保された薬といえども、その安全性はあくまでも決められた用法や用量を遵守している場合にのみ確保されているものです。正しい服用量を守らないで使用した場合は重篤な副作用を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。規定量以上は絶対に服用しないようにしましょう。

ラミクタールのジェネリックはあるのか

双極性障害の治療やてんかんの治療などに広く用いられているラミクタール。主成分であるラモトリギンが脳神経の過剰な興奮を抑えてくれるので、いつ発作が起こるかわからないてんかんの予防薬として非常に有効です。ただしこのラミクタールは効果が高い反面、薬価も少々高くなります。てんかんの予防薬として使用する場合は日常的に服用することになりますので、薬価の高さは金銭的な負担として重くのしかかってしまいます。そこで薬の購入による金銭的な負担を減らしたいのであれば、ジェネリック医薬品の利用を検討しましょう。ジェネリック医薬品は特許期限を過ぎた製法で作られる廉価な医薬品のことです。国としても高騰する医療費を少しでも抑えるべくこのジェネリック医薬品の利用を後押ししており、近年多くの製薬会社がさまざまなジェネリック医薬品を販売しています。ラミクタールに関してもいくつかのジェネリック医薬品が登場しており、それらを利用すれば治療にかかる費用負担をかなり減少させることができます。ラミクタールのジェネリック医薬品を利用したい場合は、かかりつけの医師にジェネリック医薬品を利用したい旨を告げるといいでしょう。また最近はインターネット上でも医薬品を購入することができるので、ラミクタールのジェネリック医薬品に関しても比較的簡単に購入することができます。ただし全ての薬には副作用があり、体質によっては思わぬ事態を招く可能性もあります。また薬の通販サイトの中には悪質な業者も存在していますので、安易な考えで利用するのは禁物です。基本的には薬は医師の診断を経て手に入れるものですが、どうしても自分で購入するのであれば、きちんと取扱説明書に目を通したうえで信頼できるところから購入するようにしましょう。